FC2ブログ

柳沢公民館ブログ

愛媛県大洲市の柳沢公民館より地域の情報を発信します。

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

柳沢地区自主防災組織の避難訓練・総合訓練を実施しました。

先月ひそかに防災士の資格を取得した所長です。
小学生も取得している資格なのですが、合格するまで怖くて、受講したことを公けにできませんでしたよ…(。-_-。)。

防災士は、
①消防署で開催される普通救命講習の受講、
②県の地方局などで開催される防災士養成講座2日間
を受講して、日本防災士機構の試験に合格すれば取得できる資格となっています。

今は、講習を通して防災に対する一般的な知識を学んだというだけなのですが、
それを実際に役立てられるよう、訓練を積み重ねて万が一の時に少しでも役立てられるようにしたいと思います( ̄^ ̄)ゞ。
DSC_1501.jpg

DSC_1502.jpg



平成28年11月27日(日)8:00~12:00 雨 気温10℃寒い
柳沢地区自主防災組織の避難訓練と総合訓練を開催しました。

【場 所】
避難訓練は各集会所など。総合訓練は旧柳沢小学校。

【参加者】
避難訓練:205名
総合訓練:108名、消防分団26名、大洲消防署3名、DCMダイキ(株)3名

【訓練内容】 
8:00 防災無線でサイレンが鳴ったら各集会所へ1次避難訓練開始。
    公民館内に災害対策本部設置。各避難所から本部への連絡訓練。
8:44 田処地区のみ2次避難場所の大洲市農村活性化センターへ避難。
    本部への連絡訓練。
9:30 総合訓練等
    消防署職員による熊本地震震災活動報告、炊き出し訓練、搬送法訓練、
    ロープワーク訓練、防災グッズの展示、消防分団車両の展示
12:00 炊き出し訓練で作ったおにぎりを食べて閉会。

雨のため、外で開催する予定だった、けむり体験ハウス、土のう積み訓練は中止となり、
炊き出し訓練は公民館で開催、ロープワーク訓練、防災グッズ展示などは柳沢体育館内で開催することを、急遽決めてバタバタした会になりました。

しかし、災害時に迫られる『臨機応変な対応の訓練』ということで役員のみなさんが気持ちを切り替え、
参加者の皆さんのご協力を得て無事に終えることができました。
ありがとうございました。

数ヶ月前から自主防災組織の役員さんと打ち合わせ会を開催してきたものの、
実際に訓練した場合には、うまくいかない点が多々ありましたが、
今後の課題として訓練を重ねていくことで少しでも改善して、万が一の時に対応していきたいと思います。


総合訓練のようす
大洲消防署による熊本地震の災害活動報告
DSC_4768.jpg

DSC_4770.jpg

DSC_4774.jpg

ダイキさんによる空クジ無しの防災グッズが当たる企画は、
雨降りの寒い日の訓練で、モチベーションが下がっている皆さんの気持ちを少し上向きにさせてくれました。
ありがとうございました(*^_^*)。
DSC_4789.jpg

DSC_4784.jpg

DSC_4780_20161128183611c8b.jpg

搬送法訓練
こういう場合、体重の重そうな方が、運ばれ役に選ばれますね(笑)
お約束ですね( ̄ー ̄)bグッ!
DSC_4852.jpg

DSC_4867.jpg

DSC_4868.jpg

DSC_4838.jpg

ロープワーク訓練
数種類の結び方の訓練。ロープを通す方向で外れにくくなるのが不思議です。
DSC_4815.jpg

DSC_4813.jpg

DSC_4854.jpg

DSC_4887.jpg

DSC_4883.jpg

炊き出し訓練
自主防災組織の給食担当者が、柳沢、藤縄、田処の3支部に分かれて羽釜を使って米の炊き出しを行いました。
災害時を想定して、ガスではなく薪から火をおこしたのですが、ご家庭や各地区での季節行事などで羽釜を使い慣れているようで問題なく炊き出しできたようです。
DSC_4830.jpg

DSC_4835.jpg

おにぎりの配布。
DSC_4891.jpg

DSC_4892.jpg

| 地域情報 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その23)

地震火事〇〇…あなたなら〇〇には何を入れますか?

さて、日本列島は季節外れの冬将軍がやってきましたね。
すでに、銀世界となっている地域もあるのではないでしょうか?
愛媛はまだまだ雪景色には…なんて言ってるとすぐに降っちゃったり…。

ちょ、ちょっとまって!まだちゃんとした紅葉みてないよ!!
という気もしますが…西日本はまだまだ見頃、という所もある…でしょうが
ちょいと紅葉狩りに…なんて余裕がないのがこの時期ですよね、笑

柳沢地区もこの週末は「自主防災訓練」です。
(東北の皆さん、地震大丈夫でしたか?先日の地震が5年前の311の余震ときいて驚きを隠せません。)
『備えあれば憂いなし』
これから何かとバタバタする時期です。
焦って行動を起こす前にちょっと窓から外の風景を見て、一息ついてから行動してみませんか?
(あ、災害の際には反射的に行動してくださいね!そのための防災訓練ですしね、笑)
という訳で、今日はふと眺めた窓からの風景でお別れです。
y_blog_photo_025.jpg

雲の厚い日々、ほんの少しの時間さした日差しと、紅葉する紅葉に挟まれて咲く皇帝ダリア。
ではでは、また来週~。

| 柳沢での日常 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第23回雲海まつりが開催されました!

雲海が出ない!」とひとりでヒヤ汗予想していた所長です…(*TーT)bグッ!

ナカタさんの雲海発生情報当たりましたね…。

数日前から朝晩の冷え込みが無く、暖かい夜が続いてましたので、
昼間との気温差が少ないから雲海は発生しないと予想していたのですが、
前日の雨で空気中に水分を多く含んでくれたようで、少しの気温差でも雲海が発生したようですね。

今シーズンから作っている簡単な雲海発生表に天気の項目も追加してみようと思います…トホホ。

DSC_3889s.jpg



平成28年11月20日(日)7:00~10:30 くもり 朝の気温14℃
雲海展望公園にて木林森夢倶楽部さん主催による第23回雲海まつりが開催されました。
来場者数:約150名

気温が高いため、雲海が上流の大洲盆地から下流の長浜地区へ流れ出ていくのではなく、そのまま上昇気流に乗って消えていくような雲海でした。
雲海展望公園でも、消えて行く雲海の霧に覆われてしまうような場面もありました。
前日の雨で路面がぬかるんだ箇所もある中、大勢の方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。
木林森夢倶楽部のメンバーもみなさん喜んでおりました。


雲海まつりの様子
DSC_3954s.jpg

雲からこぼれる朝日を浴びた藤縄神楽のお面が神秘的でした。うまく撮れてませんが。
DSC_3913s.jpg

DSC_3966s.jpg

DSC_4001s.jpg

DSC_4223s.jpg

DSC_4174s.jpg

DSC_4284s.jpg

DSC_4315s.jpg

紙風船飛ばし。みなさん願い事を書いて飛ばしましたよ~(^o^)/
DSC_4366s.jpg

もちまき 2日前についたもち米は2俵半。
DSC_4377s.jpg

木林森夢倶楽部メンバー記念写真。(片付け最中…)
DSC_4418s.jpg

| 雲海まつり | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その22)

寒い季節には、コタツでミカンが正しい日本人のスタイルらしいですが、最近は若者のコタツ離れが進んでるみたいですね。
『若者の〇〇離れ』が使ってみたかっただけのナカタです。

さて、いよいよ今週末は『第23回雲海まつり』ですね。
詳しくは下のリンクから

『雲海まつり』

週末の天気予報では「曇りのち晴れ、降水確率20%」とのこと。
聞いた話では『前日雨が降っていると綺麗な雲海が出る。』らしいですよ。
前日の土曜日は、降水確率90%

日曜日、素敵な雲海が見えるといいですね!
(お、起きれたら…行こうかな…うん、起きれたら…。)
ではでは、また来週~。

y_blog_photo_024.jpg
(写真は6年前くらいに6×7(大きいサイズのフィルムカメラ)で撮影した写真のスキャン。風景写真の難しさと、自分には向いていないことを気付かせてくれた作品(一応、1年間くらい定点観測したんですよ、笑)のひとつ。)

| 柳沢での日常 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

露切り作業を実施しました(^O^)/。

今年の2月、自治会の役員さんと4月からの年度行事を決めて行く会議中のこと、
「今年は、露切り作業をやるぞ!」と言われて、最初は理解できずにとりあえず笑顔でうなずいていた所長です( ̄ー ̄)bグッ!。

今思えば、ナカタさんの驚かれた『すねんぽ記事』と同じで、
地区の方々の会話の雰囲気から内容を理解していくことを身をもって知ったひとコマでしたね。

露切り作業とは、
道路に垂れ下がって通行の邪魔になっている木や竹の枝を切って安全を確保する作業のことである!


11月13日(日)8:00~13:30
柳沢自治会主催で、露切り作業を4年ぶりに行いました。
参加者は137名でした。

地域のみなさんに高所作業車やトラック等を出していただき、5班に分かれて作業が行われました。
柳沢地区への入口である喜多山付近から双海へ抜ける田処までの県道の見通しがとても良くなりました。
安全に通勤・通学ができるようになりました(^O^)/

みなさま大変お疲れ様でしたm(__)m


露切り作業のようす
DSC_3343.jpg

DSC_3368.jpg

DSC_3396.jpg

DSC_3407.jpg

DSC_3415.jpg

DSC_3453.jpg

DSC_3464.jpg

DSC_3465.jpg

DSC_3473.jpg

DSC_3478.jpg



| 地域情報 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その21)

日に日に寒さが増してきましたね。
今年は例年の冬よりも寒いとか…底冷えする部屋からナカタです。

さて、所長さんも現実逃避してしまう雲海の景色ですが
(前回の記事で「雲海展望台」と書きましたが、正しくは雲海展望公園」とのことです。)
先週末、わたくしも行ってきました。
中田商店からは雲海は見えませんが、朝、雲海の気配を感じることは出来るのです。笑
ということで、お出かけ前(am.8:00位)に、雲海が出ている気配を感じ、思い立ってふらっと寄ってみました。
田舎暮らしの特権ですね、笑

y_blog_photo_023.jpg

その時の写真です。
スマートフォンでもこれくらいは撮れます!!
もっと早い時間帯なら、もう少し雲海がモリモリしてるっぽいです。

そして、11/20(日曜日)には雲海まつりが行われます。
お天気が良いと、この写真よりも立派な雲海がみれるはず!?ですので、是非、足をお運びください。

詳しくはコチラ↓
雲海まつり

あ、けっして写真の様な古い車で行くような所ではありません。
もちろん、ベストは軽自動車(軽トラック)です!
それでも!という方は、万全の整備と覚悟で、挑んでください。笑
といったところで、また来週~。

| 柳沢での日常 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第23回雲海まつり開催!

雲海に浮かぶ神南山を見ていると、ワンピースの空島を連想しますね…。
標高500mの雲海展望公園で現実逃避中の所長です。
DSCN9412_20161107152859d4e.jpg

朝晩が冷え込むようになり、大洲盆地では濃いが発生する季節となりました。
柳沢の藤縄地区にある雲海展望公園では、雲海が見られるようになり、肱川の河口付近の長浜地区では肱川あらしも発生しているようです。

11月2日(水)時点の雲海タイムラプス動画。
日の出の6時過ぎ頃から10時まで見ることができた雲海。HDモードでご覧ください。



柳沢では、雲海が発生する毎年この時期に、
木林森夢倶楽部さん主催による『雲海まつり』が開催されています。
今年も開催されますので、みなさんぜひお越し下さい!

日 時 : 平成28年11月20日(日)7:00~10:30頃 雨天決行
場 所 : 雲海展望公園 公園までのアクセス
内 容 : 下記チラシをご覧ください。

雲海展望公園までの道のりは新谷小学校から登ること20分程度なのですが、道幅が狭いのでお気をつけください。
また、公園上には20台ほど車を停められる駐車場がありますが、限りがありますので、できるだけ乗り合わせでお越し下さいm(__)m

H28雲海まつりチラシ

| 雲海まつり | 15:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その20)

お天道様のありがたさは上着の存在で抜群に感じますよね。
東京の突然の寒空に、うっかり上着を忘れた僕に「これ着ておきなよ。」と上着を貸してくれた友人にありがたさを感じました。そのままうっかり着て帰りそうになったナカタです。

そんなお江戸での出稼ぎの最中、所長さんから雲海展望台からの素敵な雲海のタイムラプス動画が届き
あぁ、もうそんな季節なんだな…とコンクリートジャングルの中で田舎に想いを馳せたのですが。

雲海展望台へは

なかなかのテクニカルコースとなっております。
雲海を見るためには暗い時間からの移動になります。くれぐれも安全運転でお願いします。
今回は写真のない記事になっちゃいましたが、次回のブログには雲海の様子を…
と言ったところで、また来週〜。

| 柳沢での日常 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |