柳沢公民館のブログ

愛媛県大洲市の柳沢公民館より地域の情報を発信します。

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その34)

気が付けば三月もなかば…三月は去る。と言いますが、ほんとにあっという間ですね。
3月のライオンに追われて逃げる子羊ことナカタです。

三月といえば、卒業シーズンですね。
歳をとるにつれ「卒業」という言葉を意識しない生活を送るようになるのですが、卒業式の懐かしい想い出だけは、ぼんやりと記憶に残っているもので…。
まだ、自分が小学生だった頃、卒業式の花と言えば「水仙」と「菜の花」だったのですが
中学生の頃には、いつの間にか水仙の花は少なくなり、菜の花が多くなっていた記憶があります。
流行もあるでしょうが、少しずつ気候も変化しているのでしょうね。

愛媛県下の平野部や海岸沿いは、今まさに菜の花が満開です。
そして、ソメイヨシノは蕾を少しずつ膨らませ、月末には開花…ではないでしょうか。
しかし、山間部の柳沢は早咲きの「河津」(で、あっているのでしょうか?)が今から!って感じです。
y_blog_photo_037.jpg

そう、まだ山間部は寒いのです、笑
柳沢と出先での気温差がありすぎで、何を着ていいのか未だにわかりません、笑
年度末、バタバタしていて体調崩しがちです。皆さんも寒暖の差にはお気を付けください。
といったところで、また来週~。
y_blog_photo_038.jpg

| 柳沢での日常 | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その33)

写真を撮り、テレビドラマの原案を書き、茅を束ねる…マルチクリエイター(なんでも屋)ナカタです。

横文字ってなんだかかっこいいですね。
先週もブログの更新が出来ませんでした…。
愛媛に居るはずなのに柳沢に居る時間は少なめです、笑
ということで、今回のブログも短めですが、少々の近況報告です。

y_blog_photo_036.jpg

茅葺はこんな感じに進行しております。

そして、ドバイでの写真展は今月末までですが、本日からLA ABF(ロサンゼルス アートブックフェア)でも冊子が紹介されるようです。

といったところで、金曜日ぎりぎりの更新からのまた来週~。

| 柳沢での日常 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回グラウンドゴルフ大会

2月14日(火)10:00~11:45 小雪
17回目の柳沢地区グラウンドゴルフ大会が開催されました。

今年も小雪が舞うとても寒い日になったにもかかわらず、36名の参加がありました。
夜勤明けでお休みのお巡りさんも飛び入りで参加されて、大変にぎやかな大会となりました(*^_^*)
DSC_8977.jpg

グラウンドゴルフのルールは簡単。
1ゲーム(6ホール)を2回まわって、合計打数の最も少ない方が優勝となります。
ホールインワンを出すと、合計打数から3打引くことができます。
たとえば2回ホールインワンがあれば、6打も引けますw( ̄o ̄)w

ただコースが設置された柳沢ふれあい広場は、
整備された芝生のグラウンドではなく、
雑草が生えていたり、雨上がりで凸凹したグラウンドなので
ホールインワンを狙うのは至難の業です....、

そのはずなのですが…(-_-;)

今回は、なんとホールインワンが11回もあり、
優勝されたこの方は、ホールインワンを3回も出しておりました(゚△゚;ノ)ノ
神がかったクラブさばきに、皆さん驚かれておりました。
優勝おめでとうございました!
DSC_9174.jpg


【グラウンドゴルフ大会のようす】
DSC_8892_20170301155547323.jpg

DSC_9108.jpg

DSC_8969.jpg

DSC_8938_20170301161957ec9.jpg

懇親会
DSC_9193.jpg

DSC_9197_201703011556280b8.jpg

| 高齢者学級 | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【田舎暮らし】柳沢での日常(その32)

キムチマシッソヨー!
先日行われた「本格キムチ作り教室」で、柳沢のおばさま達が漬けたキムチのお裾分けが中田商店にもやってきました。
所長もほっぺた落ちそうになっていましたが、とても美味しかったです!キムチ大好きナカタイムニダ。

先週はブログの更新をすっかり忘れていたわけですが…
というのも、柳沢にあまり居なかったのです。い、言い訳じゃないですよ、苦笑
何をしていたかというと…
y_blog_photo_035.jpg
中田建築さんのお手伝いをしてました。
茅葺の屋根を葺ける職人さん、今は少なくなりましたよね。
柳沢にもちょっと前までは数軒あったようですが、今は茅葺の屋根の住宅は無くなってしまったようです。
上の写真も、一般の住居ではなく、いわゆる文化財の修繕工事で「竪穴式住居」です。
他にも高床式住居なんてのもあって…
3月末には完成のようですので、完成したら皆さんもぜひ見に来てください。

これはどこ?詳しい場所は?
気になる方は、ぜひ中田商店へ!
砥部町のすごーくわかりづらい場所ですので、詳しく説明いたします。
といったところで、また来週~。

| 柳沢での日常 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本格キムチ作り教室 (本漬け編)

漬けた初日から持ち帰ったキムチをつまみ食いしてほっぺた落とした所長デス...(゚д゚)ウマー。

2月6日(月) 13:30~15:30
柳沢公民館にて、松山市から金(キム)先生をお招きして、本格キムチ作り教室を行いました。
生徒さんは、当日の飛び入り参加もあり16名でした(^o^)/。
1テーブルで5人程度に分かれて、ハクサイ5個分の本格キムチ作りに挑戦しました!

キム先生
DSC_8519.jpg

キム先生の分かりやすい解説とハキハキしたお声のご指導のもと、韓国語でヤンニョムと呼ばれる薬味作り、本漬け作業など未体験の調理法と市販のキムチとは全くちがう美味しい薬味の味に生徒の皆さんはたいへん喜んでいました。

作業の合間には、キム先生から、唐辛子が日本から伝来して朝鮮半島に定着し、独特の辛さ・甘さ・旨味に進化したことや、キムチの味は味噌と同じように各家庭で違うこと、薬味を作りおきすることで、キュウリ、大根など他の旬の野菜キムチを作ることができたり、鍋などの調味料になることなど、家庭での料理レシピの幅が広がるたいへん役立つお話をたくさん聞くことができました。w( ̄o ̄)w
生徒さんからの質問も多かったですね( ´∀`)bグッ!。

気さくで親しみやすい先生とのキムチ作り作業を通して、先生と生徒さんのキョリも縮まり、学級終了後には生徒さんが自分たちの畑で獲れた野菜を先生に持ってくるなど、和気あいあいとした女性学級となりました。

また企画したいと思います!
生徒のみなさん、お忙しい中、ご参加いただきありがとうございましたm(__)m。

DSC_8614_20170207173346835.jpg



【午前中の本漬け前の準備】
8:30~10:00
3日ほど下漬けしておいたハクサイの切り株...(下漬け編
こんもりしていたハクサイが、重石と葉の1枚1枚にすり込んだ塩のおかげで水気が抜かれて樽の半分までになっていました(゜.゜)オー。

下漬け前 (3日前)
DSC_8435.jpg

下漬け後 (本漬け当日)
DSC_8470.jpg


【本漬け前の準備】
前日まで下漬けしておいたハクサイの切り株を取り出し、流水などで塩分を流し落として、半日程度ザルにおいて水気を切ります。時間が無ければ手で絞って水気を切ります。
DSC_8472.jpg

DSC_8478.jpg

DSC_8489.jpg

準備万端(1テーブル ハクサイ5個分)。
DSC_8504.jpg


午後からは、いよいよキム先生による本格キムチ作り教室(本漬け作業)の始まりです!
キム先生の日程が合わず、生徒さんたちだけで、1つの樽に漬け込んだハクサイの塩加減やしんなり感が心配だったのですが、キム先生からは無事に合格点をいただきました。
下漬け作業に参加した生徒さんたちは、先生からの合格の声を聞いたとき目を合わせてホッと胸を撫でおろしていましたよ(^^♪
DSC_8501.jpg

【本漬け作業のようす】
DSC_8624.jpg

DSC_8514.jpg

DSC_8563.jpg

DSC_8578.jpg



【本漬け方法】

出汁づくり
①鍋に水1,250㏄と頭とはらわたを除いたいりこ15gを入れて出汁をとります。
DSC_8535.jpg

②出汁に砂糖100gと昆布茶大さじ3.5を入れて混ぜあわせます。
 そのあと火を止めてすぐに唐辛子(中粗)125gと唐辛子(粉)125gを入れます。
 ※唐辛子は、国内の鷹の爪等では辛くなり過ぎるらしく、韓国産の唐辛子を使ったほうがいいとのことです。
 ※唐辛子を火にかけたまま混ぜるとよどんだ赤色になってしまうそうで、火を止めてから混ぜ合わします。
DSC_8539.jpg

辛子は、だまになりやすいので、切るように混ぜます。
DSC_8541.jpg

③時間があれば、自然に冷めるまで置いておくそうですが、今回は時間がないので、辛子を入れた鍋を別の大きな鍋に浮かべて流水などで冷まします。
※流水で冷ます場合は、絶対に水が入らないように注意。
DSC_8549.jpg

薬味(ヤンニョム)づくり
薬味は冷凍保存もでき、大根、キュウリなど季節の旬の野菜で漬けたり、鍋の調味料に使ったり様々な調理に使えるそうです♪

④にんにく15片、しょうが25g、りんご1個と1/4をミキサーが回る程度に入れて細かく刻んでいきます。
その際、湯冷まし125㏄は、薬味がミキサー内で回りやすいようするために適宜入れていきます。
DSC_8545.jpg

⑤イカの塩辛100gを投入して再度ミキサーにかけて細かく刻みます。
DSC_8555.jpg

⑥冷ました唐辛子の中にミキサーで刻んだ薬味を投入し、いりゴマ大さじ3.5も入れます。
切るようにしてまんべんなく混ぜます。
DSC_8559.jpg

DSC_8564.jpg

薬味(ヤンニョム)の完成!
鍋が真っ赤なので、見た目からかなり辛いと思っていたのですが、味見してみると、最初ほんのり甘くて、そのあと具材の旨味とリンゴの酸味がきて、最後に優しい辛さがじわじわ口の中に広がります (゜0゜)オイシ-。
DSC_8573.jpg

本漬け作業
トレーに下漬けした4分の1株のハクサイを置き、葉を1枚1枚めくって茎のところに薬味を塗り込みます。
※キム先生は、素手で作業していましたが、素人さんはナイロン手袋をして作業をしないと手が荒れてしまうしまうことがあるそうです…。
DSC_8590.jpg

株に薬味がついたら、全体を揉み込んで、葉先などにも薬味が届くようにします。
DSC_8595.jpg

薬味が流れないよう株の切り口を上にして切り株で受け皿を作るように持ち、半分にたたんで、一番外の大きな葉で全体を巻くように包みます。
DSC_8596.jpg

DSC_8597.jpg

タッパーやナイロン袋に入れる際は、株の切り口を上にして入れて、上から押さえて空気を抜いて冷蔵庫で保存します。
キム先生いわく、1日でも十分美味しく味わえますが、ハクサイと薬味がまだよく馴染んでないので、冷蔵庫で2、3日寝かして熟成させるとさらに美味しいそうです。
漬けたてキムチの新鮮な美味しさから熟成キムチの奥深い味わいまで日々美味しさが変わっていくのは楽しみですねヽ(≧∀≦)ノ。

DSC_8606.jpg

本格キムチの完成!
家に持ち帰って冷蔵庫に入れる前に、
我慢できなくてつまみ食いしたのですが、かなり美味しかったです!!
DSC_8614.jpg

| 女性学級 | 21:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT